月別アーカイブ: 2014年10月

不正利用でキャッシングされた場合の補償

カードを持つリスクに盗難されて、不正にキャッシングされることがあります。この場合不正利用された金額は誰が負担するか?

まずカードを盗難された場合、すぐにカード会社にそのことを伝えてカードを止めてもらうことです。さもないと不正利用によるキャッシングを止めることが間に合わなくなります。

しかし、カード停止が間に合わなくていくらか現金が引き出され場合は、まずは警察に被害届を出してそれを受理してもらいます。受理してもらった後カード会社にそのことを伝え、被害に遭った分の補償手続きに入ります。

手続きに入れば、後はカード会社が盗難保険を活用して、被害分が保険会社から支払われますから、被害分は払わなくて済みます。

カードが盗難されて被害に遭っても、盗難保険で補償されるからその点は安心できますが、警察に届けない限り盗難保険はまったく使えませんから、保険が有るからと安心しないで、盗難にあわないよう十分に注意してカードを利用していきましょう。